1. 集客アップノウハウ一覧(会員限定)
  2. 地域一番店化のためのマーケティング戦略

地域一番店化のためのマーケティング戦略

このページを印刷ダウンロード

マーケティング戦略の見直しによって大きな飛躍を見込む

店舗の売上を向上させ、持続的に利益を創出するためには、店舗のマーケティング戦略を構築することが必要である。

しかし、現代の消費者は、一律の消費行動をしない。趣味に相当の金額を消費している一方で、食事は質素・倹約、ということが一般的になってきており、消費行動を類型化することは困難になってきている。しかも、1人の消費者が、場面によって、様々な意識を使い分けており、ますます複雑さは増してきているのである。

このような状況下、経営者は、今まで以上に「顧客志向」に徹する必要がある。
顧客志向に徹すれば、競合他社よりも魅力ある価値を提供し、優位な立場を創り出すことができるのである。

その際、経営資源の少ない小さな企業がやってはいけないことが3つある。
1つ目は、「広いエリアを対象とすること」である。「小さな企業は小さなエリアで勝負する」というエリア・マーケティングを徹底していかなければならない。対象エリアを狭め、その範囲の中で、密度高くマーケティングを行うことが必要である。
2つ目は、「誰にでも対応できるようにすること」である。様々な顧客に対応しようとすれば、どうしても特徴が薄れていってしまう。それは、小企業にとっては致命的である。
3つ目は、「商品の数を増やすこと」である。商品数が増えれば、力が分散し、どの商品も勝負できない商品になってしまう。商品を出来る限り絞り込んで、資源を集中的に投下することが必要である。

ここで注意が必要なのは、多くの店舗が商品力の強化に期待をかけすぎていることである。
特に飲食店においては、「味さえよければお客様は集まるはずだ」という思い込みがあるケースが少なくない。しかし、現実は、商品力がある店舗が必ずしも繁盛しているわけではないのである。

経営は、商品3分に売り7分である。
商品力が高くとも、売りの能力が低ければ、売上を伸ばすことはできない。

売りを強めるために、最も効果的な方法は、地域一番店を目指すことである。
なぜ、No1を目指す必要があるのか?
一番と二番は、雲泥の差ができるからである。
たとえば、1番の会社のシェアが30%で、2番の会社のシェアが10%であったとしたら、経常利益は9:1になり、想像以上に利益率に差ができてしまうのである。

また、一番は、知名度向上にも大きな効果がある。
「日本で一番高い山は?」という質問には、ほぼ全ての日本人が「富士山」と答えられるであろう。
ただ、「日本で二番目に高い山は?」という質問に答えられる人は、決して多くない。
人は、一番しか記憶しないのである。

だから、エリアを絞り込み、ターゲットを絞り込み、商品を絞り込み、絞り込まれた特定領域でNo1を目指していくのが、小企業のマーケティング戦略の王道なのである。

あなたのお店は、地域一番店になれる領域で勝負しているだろうか?
資源の分散をしているのであれば、マーケティング戦略の見直しによって、大きな飛躍が見込めるであろう。

このページを印刷ダウンロード

関連ノウハウ

ご不明点・お困り事がございましたらお気軽にご相談ください! 042-710-1200 受付時間9:00~18:00 メールフォームからのお問い合わせはこちらから

  • 社長のつぶやき小山雅明のブログ
  • 看板ドクターが行く!看板ドクターのブログ
  • 新着レポート
  • 書籍・DVD
  • お問い合わせ・資料請求はこちら

    ご不明点・お困り事がございましたらお気軽にご相談ください!

    お電話でのお問い合わせ
    042-710-1200
    フォームでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム
  • 採用案内 アイワ広告は日本一社員モチベーションの高い会社に認定されました。
  • プライバシーポリシー
  • 看板集客アップ術 飲食店編
  • 看板集客アップ術 歯科医院編
  • 看板集客アップ術 薬局・薬店編
  • 看板集客アップ術 整骨院・整体編
  • 看板集客アップ術 車販売店編
  • 看板集客アップ術 スポーツ施設編
  • 看板集客アップ術 動物病院編
  • 看板集客アップ術 不動産店編
  • 看板集客アップ術 フューネラル編
  • 看板集客アップ術 アミューズメント編
  • 看板集客アップ術 温浴施設編
  • 看板集客アップ術 ロードサイド店舗編
  • 看板集客アップ術 アーリーチェーン編