薬局 薬剤の集客看板の事ならアイワ広告にお任せください
実績紹介
トップ実績紹介

とちの木薬局 様

立地
【駅前店舗】
課題
店舗サインが古く、今までの古いイメージの薬局ということで新規客が取り込めていなかった。
対策

一番の売りである、漢方をメインに打ち出すことと、女性の薬剤師がカウンセリングする事を顔のイラスト入りサインでアピールすることで、新規の女性来局者を取り込むことが可能に。

また、色も薬局のイメージをなくすため、
女性に安心感を与える色を前面に打ち出しアピール。

既存の薬局のイメージを払拭し、新しい漢方薬局のイメージを持たせることで、新規来局数がアップ!!

マエノ薬局桐ヶ丘店 様

立地
【赤羽駅からバス10分のロードサイド】
改善点
ガラス面のシートが真中から下に貼ってあったため、通行人の目線の位置に合わせた。

さらに書体や色彩がバラバラに表現されていたものを統一し、
全てシートの中に収めることで発見確率がアップ!

上に持ってきた分、空いた下のスペースには、中の雑然とした部分が見えないよう、
かつ閉鎖感を なくすため、すりガラスシートを使用。

地域密着型の調剤薬局ならではの安心感を出すために、店舗でメインに取り扱われている商品を、わかりやすく写真で表現することで魅力確率がアップしました。

三鷹薬局 様

立地
【三鷹駅前】
課題
1.店舗のパラペットの電飾看板がR形状になっているため、向い側にある複数の病院の患者さんから文字 の認識がしづらい状態。また、薬の製品名が表示されたスタンド看板しか置かれておらず、薬局の「強み」を押し出すためのツールがない。

2.セットバックした立地のため、発見確率を上げることが必要。
対策

1.病院から出てくる人に、処方せん・漢方相談・健康相談を打ち出し、文字には『元気がでる薬局』というメッセージを伝えるために、朱色を使用。 漢方をイメージした葉っぱのイラストを入れることで、店舗の強みを表現、魅力確率が大幅にアップ!

2.視認性改善のため、大型のスタンド看板を設置し、処方せん、漢方相談、健康相談を打ち出した。 また、黄色の矢印により、IN誘導確率もアップ。

かねこ薬局 様

コメント
病院への通りに面した立地を活用したターゲットに合わせた訴求表現で「発見確率」と「メモリーインプット効果」を発揮!

さつき薬局 様

コメント
かわいいカエルのキャラクターが印象的な薬局。
店舗からのメッセージが「魅力」と「安心感」を与えてくれます。

ジオニクス 様

コメント
取扱商品内容のアイコン表示がポイント!

やはば薬局 様

コメント
「業態認知」と「テーマカラーの多面積化」で存在感アップ!

回徳堂薬局 様

コメント
柔らかいカラーリングと植物をモチーフとしたデザインから、温かみを感じます。

田辺薬局 様

コメント
カジュアルな中にも専門性を感じるデザインが入りやすさを与えています。

お問合わせはこちらから!

ページ案内